日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

間もなくアメリカ大統領選挙 さてホワイトハウスはどんなところでしょうか?

ニュース

間もなくアメリカ大統領選挙 さてホワイトハウスはどんなところでしょうか?
  • 4月よりお金のあり方が変わっていく 毎日お金を使っていると思いますが 来月の4月よりビットコインが 法的に認識されお金の流れが変わってきます これは円をこれまで日本で使ってきて なんと136年ぶりのお金としての 劇的な変化です 我々が生きている間はもう二度と このような瞬間はないと思います まさに日本の歴史に残る出来事なのです まだまだ世間では広まってませんが 金融機関の中では大改革が起こる 想定をして準備しています。 あの、はらはだしい手数料がなくなると 思ったらいいと思いませんか? コンビニのATMで銀行、 郵便局、仕送り、会社への送金の 手数料 アマゾン、楽天などの買い物で 初めて使うときの、めんどくさい カード決済の入力 これ全てビットコインが使えればなくなります これからじわじわと一気に加速していきます 日本ではオリンピックの影響もあるし。 だからビットコインに関しては 今はゴールドラッシュ あらゆる分野で事業が展開しています 今後、毎日使用する方向ので 一度勉強したほうがいいと思います ビットコイン及びビジネスチャンス として知りたい方は↓のサイト 観てください。 ちなみに私も参加しています 実績はでています。 その他のビットコインのお話も あり参加して勉強中です。 勉強会参加希望やちょっと知りたい方は 私の個人メッセージまで連絡くださいね。 では休みの方、楽しい連休を! お仕事の方、頑張っていきましょう! http://tanosiina.whdnews.com/p/1702/ztjjBtwz1.html
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

アメリカ大統領の住居であり、大統領行政府の一部局で、大統領が執務を行う場所でもある。

ホワイトハウスは主に、エグゼクティヴ・レジデンス、ウエストウイング、イーストウイングの建物部分と、ローズ・ガーデン、ジャクリーン・ケネディ・ガーデンで構成されている。

エグゼクティヴ・レジデンス
ホワイトハウスの中央にある「メインハウス」(Main House)とも呼ばれる。地階から3階まである建物で、大統領と家族が暮らす公邸であり、外国首脳や要人との会談、条約や重要法案の調印式、重要な記者会見、晩餐会やレセプションなどの公的な行事が行われる場所である。

ウエストウイング
「オーバルオフィス」と呼ばれる大統領執務室や閣議室、国家安全保障会議室、副大統領の部屋、首席補佐官、大統領補佐官、報道官などの上級スタッフのオフィスなどがある。地下にはアメリカ軍や関係機関と情報連携して、国内外の有事について議論するシチュエーションルームがある。アメリカ政府の中枢となる場所。

イーストウイング
ファーストレディ、そのスタッフのオフィスがある。地下は核シェルター機能を備えた大統領危機管理センターになっている。

ローズ・ガーデン ジャクリーン・ケネディ・ガーデン
天気の良い日には、重要な法案や条約の調印式、記者会見、イベント開催などが行われることも多い場所。
たまに、ローズ・ガーデンは、一般人に公開されることがある。

出典 http://www.link-usa.jp

ホワイトハウスの歴史

ホワイトハウスの建設が始まったのは初代のジョージワシントン大統領の時で、1800年11月に完成しましたが、ワシントン大統領は前年に既に亡くなっていたため自らがホワイトハウス入りすることはありませんでした。しかし2代目のジョンアダムス大統領から、44代のバラク・オバマ大統領まで歴代の大統領がここに住み続け、数々の歴史的な政治決断が下されて来ました。

1814年8月、独立戦争の終盤ではイギリス軍による焼き討ちにあい、石積みの外壁を残して全てが廃墟となってしまいましたが、その後再建が進み、1817年に完成しました。この時、焼け残った外壁とレンガを白く塗り、再建された建物の壁も白くしたことから、「ホワイトハウス」と呼ばれるようになったとされています。

出典 http://ryoko-tatsujin.net

観光ツアー

肝心の観光ツアーですが、春と秋の年に2回だけ、ホワイトハウスが公式に一般人向けに公開する「ローズガーデンツアー」が開催されます。このツアーではローズガーデンやジャクリーンケネディガーデン、南にある芝生部分やミシェルオバマ大統領夫人の菜園などを見学することができます。

チケットは15th and E StreetsにあるEllipse Visitor Pavilionに行けば、国立公園局の担当官が無料で配布しています。早い者勝ちなので、お見逃しなく!ローズガーデンツアーの情報はこまめにホワイトハウスの公式HPをチェックしていると分かります。

現在、ホワイトハウス内部の見学は一般向けには行われていないのですが、コネがあれば可能で、図書室やバーミィルーム、チャイナルーム、外交官応接室、イーストルーム、グリーンルーム、ブルールーム、レッドルームなど一通り中の部屋を見学することができます。

出典 http://ryoko-tatsujin.net

ホワイトハウスの内部紹介

内部をストリービューで紹介しています。

ホワイトハウスの内側:大統領への手紙 Letters to the President (日本語字幕付)

オバマ大統領は、就任直後から、国民からの手紙を毎日10通読んでいます。国内で今、何が起こっているか、何が懸案事項かを把握するために、これらの手紙は重要です。ホワイトハウスには、毎週6万5000通の手紙、1万通のEメール、1000通のFAXに加え、毎日1500-3500件の電話がかかってきます。スタッフはすべてに目を通し、分野ごとに仕分けし、人々の代表的な意見を示している手紙10通を大統領に毎日届けています。大統領はその中の何通かに返事を書いています。

ホワイトハウスの内側: オバマ政権の閣僚たち The Cabinet (日本語字幕付)

オバマ大統領と閣僚たちの閣議の様子と、その舞台裏を紹介するビデオです。閣議は閣僚メンバーが一同に会し、率直な意見を大統領に伝えることのできる貴重な場であり、隔月で開かれています。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ